英語言語係数を1に近づける方法

言語係数という指標をご存知でしょうか。

たいがいの日本人の日本語言語係数は「1.0」です。

つまり、日本語で考え、それを相手に伝え、
相手の言うことも理解できる状態のことです。

ですから、アメリカ人の大人の
英語言語係数は「1.0」というわけです。

ネイティブのように英語を読み書きするには、
この英語言語係数を「1.0」に近づけなくてはなりません。

「0.5」では、半分しか理解できず、
言いたいことの半分しか言えないわけです。

それでは、英語言語係数を上げるためには、
いったいどうすればよいのでしょうか。

文字ベースで理解するよりも、
音声ベースで学ぶことを覚えることです。

日本語の国際音素記号の数は24なのに対して、
英語の音素は51にものぼります。

この音の種類の多さが、日本人にとって、
英語を難しくさせている原因ともいえます。

そこで、あなたの脳に、
この51種類の英語音素を上手に組み込む、
そんな学習方法を身につければ、
英会話のマスターはうんと楽になるはずです。

そんな学習方法に興味がありますか。

英語脳を着実に自分のものにして、
英語言語係数を限りなく「1.0」に近づける。

あなたの英語が、見違えるように、
上達することでしょう。

その方法は、コチラから、要確認。

>> 【遠藤メソッド】英会話速習プログラム+3000語の語彙力が身に付くアニメで覚える英単語付き英会話教材