高濃度が実証された水素水サーバー

あの週刊文春に、
市販の水素水を検証する記事が掲載された。
(8月11日・18日号)

「水素は体内に取り込まれると、
老化や様々な疾患の原因の一つとされる
『活性酸素』を除去する働きがある。
現在、医療界ではパーキンソン病や軽度認知障害などの
治療に関する臨床試験が進められており、
糖尿病や動脈硬化、EDをはじめ、
メタボ対策やアンチエイジングにも
効果があるとみられている」
(週刊文春より)

このような認識のもと、
市販の水素水を検証、
太田成男・日本医科大学大学院教授の監修により、
水素計測器を用いて残存水素濃度を計測している。

その計測により、
高い溶存水素量を実証されたのが、
高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー」である。

常圧での飽和状態が1.6ppmなのに対して、
アキュエラブルー
は、1.5ppmであった。

確かな技術によって高濃度水素水が精製されていることが、
あの週刊文春によっても実証されたわけだ。

水素は極小の分子であるがゆえに、
どんな容器に詰めても時間経過とともに抜けてしまう。

だから、たしかな水素水サーバーで
こまめにつくって飲むのが効果的なのだ。

さらに、アキュエラブルー
の優れているところは、
除菌と付着物を洗浄するメンテナンスが、
どちらもボタン一つの操作で簡単にできることだ。

アキュエラブルー(溶存水素タイプ)は、
800CCの水を入れたら、すぐに1ppmの水素水がすぐに作れます。
5分で飽和溶存水素1.6PPMの水素水が作れます。

これからの健康と充実ライフを考えているあなたに、
もっともふさわしい水素水サーバーとして、
この「高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー」をお勧めします。


アキュエラブルー 待ち時間なしで溶存水素濃度1.2ppmの水素水